先天性代謝異常等検査

[概要]

宮城県では、生まれて間もないお子さんの病気の早期発見・早期治療のために、フェニルケトン尿症等の先天性代謝異常等の検査を行っています。
これらの病気は、知らずに放置すると、やがて神経障害が出たり、生命にかかわるような障害が発生する可能性がありますが、早期に発見し、治療することで発症を防ぐことができます。

[対象者]

宮城県内の医療機関・助産所で生まれたお子さん(生まれた日を1日として、生後4日から7日に、足の裏からごく少量の血液を採って検査します。)

[申し込みできる人]

宮城県内の医療機関・助産所で生まれたお子さんの保護者の方
申込用紙は、仙台市の方は「母子健康手帳別冊」に、仙台市以外の方は「丈夫な赤ちゃんを産み育てるために」に添付されています。
県内の医療機関に申し出る、または、宮城県のホームページからダウンロードすることも可能です。

[利用料(費用)]

検査料は無料です。
ただし、採血にかかる費用(採血料)及び送料は、保護者の方の自己負担となります。

[申し込み期限]

出産された医療機関、助産所にご確認ください。

[手続きなど詳しくは]

「先天性代謝異常等検査を実施しています(宮城県サイト)」をご覧ください。

先天性代謝異常等検査を実施しています(宮城県サイト)

子育て応援情報

「子育てタウン」をシェアしよう
  • つぶやく